カルチャー

臨時休校でも自宅で楽しく科学知識を! 累計900万部の『科学漫画サバイバル』を無料公開

main

 新型コロナウイルスの拡大を防ぐために全国の多くの小学校が休校に。それを受けて、子どもたちが自宅で楽しく過ごせるようにと、子ども向け漫画などを無料配信する出版社が増えている。朝日新聞出版(東京)では、面白くてためになる科学漫画の無料公開を始めた。毎週1冊無料公開されるのは、累計900万部を突破している人気シリーズ『科学漫画サバイバル』シリーズおよび科学まんがシリーズ『バトル・ブレイブス』の人気作品。『科学漫画サバイバル』の電子配信は国内初の試みだという。面倒な会員登録などは一切なく、コミックサイト「ソノラマプラス」上で誰でも読むことができる。

 第一弾として3月3日(火)から10日(火)まで、『科学漫画サバイバル』シリーズで最も売れている『深海のサバイバル』および『バトル・ブレイブスVS.最恐ティラノサウルス[恐竜編]』を一冊まるごと公開。以降は下記の作品を公開する予定だ。

◎3月9日~17日 『火災のサバイバル』 『バトル・ブレイブスVS.巨大カブトムシ[昆虫編]』

◎3月16日~24日 『南極のサバイバル』 『バトル・ブレイブスVS. 百獣の王ライオン[陸の動物編]』

◎3月23日~31日 『水不足のサバイバル』 『バトル・ブレイブス』上記以外の作品