カルチャー

伝説は新たなるステージに ビートルズファンの聖地、ライブハウス「アビーロード」移転へ

イメージ
イメージ

 内外のビートルズファンの「聖地」として人気を集めているライブハウス「アビーロード」が、六本木地区再開発に伴い、移転する。現住所での営業は5月6日(水・祝)まで。

 96年のオープン以来、ビートルズのコピーならぬトリビュートバンドが毎晩35曲前後のビートルズナンバーを演奏、内外のファンを熱狂させてきた「アビーロード」。

 海外ミュージシャンが訪れることもしばしばで、これまでの来訪者にはTOTO、ボズ・スキャッグス、ボン・ジョビ、スティング、ジェフ・ベック、クリストファー・クロス、オリビア・ニュートン・ジョン、エイドリアン・ブリューらがいる。

 出演バンドの中でもとりわけ「パロッツ」は、ポール・マッカートニーと「共演」したことで知られる。2013年11月20日、11年ぶりの来日を果たしたポールがオフだったその夜、宿泊ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」の最上階にあるラウンジで、ナンシー夫人の誕生日パーティが催された。その宴の終盤に登場し生演奏をしたのがパロッツだった。

 全部で19曲のビートルズナンバーを披露したパロッツだったが、18曲目の「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」では、ついにポール本人もステージに上がり、愛妻ナンシーのためにパロッツとともに熱唱するという一幕もあった。

 「アビーロード」の新住所は「東京都港区六本木5-16-52 インペリアル六本木2号館B2」。新規オープンは6月上旬を予定している。