カルチャー

“賢くなる”パズルゲームが抽選で当たる! 小学生向けプログラミング学習

img_209478_1

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、多くの自治体で学校の臨時休校が5月まで延期されつつある。この1カ月間も結構大変だったけど、さらに1カ月をどうやって自宅で過ごそう?と頭を抱えている保護者は多いはず。ハナヤマ(東京)は、自宅で過ごさざるを得ない子どもたちのために、プログラミング的思考が養えるパズルゲーム「ロジカルニュートン」を抽選で300人にプレゼントする。ロジカルニュートンは、小学校でプログラミング教育が必修化されるのに合わせてスタートするパズルシリーズで、ワンダーラボの監修。第1弾として「ニュートンのリンゴ」(税別2.980円)、「コロンブスのひらめきタマゴ」(同1,980円)、「マルコ・ポーロの地図」(同1,980円)の3アイテムを発売した。

 ニュートンのリンゴは12種類のパネルを組み合わせて、2色のリンゴのコインをそれぞれ選り分けるゲーム。パネルの組み合わせは1,200通り以上ある。コロンブスのひらめきタマゴは、縦列と横列の数と色をヒントに、合計16個のタマゴ型パズルピースを正しい位置に配置するパズル。マルコ・ポーロの地図では、コンパス型のパズルピースを上手に配置しないと、ゴールまでたどり着けないようになっている。応募の〆切は4月13日(月)9時。当選した人には、4月17日(金)に3商品のうちの1つを発送する予定。

「ロジカルニュートン」300個をプレゼント
 応募方法:モラタメ.netで無料の会員登録の後、「無料でモラえる商品一覧」より、ハナヤマ賢くなるパズルゲーム ロジカルニュートンを選択する。