カルチャー

東野圭吾、電子書籍を特別解禁! 『容疑者Xの献身』『白夜行』など代表作がズラリ

img_210797_1

 「外に出たい若者たちよ、もうしばらくご辛抱を!たまには読書でもいかがですか。新しい世界が開けるかもしれません。保証はできませんが。」というのは東野圭吾氏。著者“最初で最後かもしれない”電子書籍化だ。家で悶々とストレスがたまったら、読書を。

 今年、作家生活35周年を迎える東野圭吾氏。これまで著書の電子化はなかったが、今回出版社7社が協力し、東野作品7作の電子書籍を4月24日に一斉配信する。すべて映画画化やドラマ化された作品で、かつ累計100万部を突破している人気作だ。

 文藝春秋 電子書籍編集部では、4月24日日から『容疑者Xの献身』の電子書籍版を配信、文庫本66ページ相当が読める『容疑者Xの献身 無料試し読み版』も同時配信する。

電子化作品一覧

KADOKAWA『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2012年)

幻冬舎『プラチナデータ』(2010年)

講談社『流星の絆』(2008年)

光文社『ダイイング・アイ』(2007年)

実業之日本社『疾風ロンド』(2013年)

集英社『白夜行』(1999年)

文藝春秋『容疑者Xの献身』(2005年)