カルチャー

マスク着用必須&会話禁止のカフェ 池袋にSocial distancing CAFE TOKYOオープン

2M間隔の席の配置
2M間隔の席の配置

 多くの飲食店が自主休業している今、東京・池袋駅から徒歩1分の「Social distancing CAFE TOKYO」が、5月13日(水)にオープンする。テイクアウトやデリバリーで活路を見出すのも一つの手だが、こういうやり方もある。

 55坪の店内にあるのは25席のみ。前後約2mのソーシャルディスタンス(Social distance)が取られている。入店時にはアルコール消毒、マスク着用を徹底。ドリンクを飲む時以外はマスク着用が必須で、電話やオンラインツールを使っての打ち合わせなどでの、声を出しての会話はNG。食べ物の提供はない。ドリンクメニューは、エスプレッソ・アイスコーヒー・アイスティー・ジャスミンティー・ウーロン茶。1杯目のドリンクは利用料に含まれ、追加は1杯500円。

Zoom-room※有料。
Zoom-room※有料。

 家族が在宅している家ではテレワークがなかなかはかどらず、たまには違った環境で集中して仕事をしたいという人にオススメ。Wi-Fi、充電スペース、会議用のZoom-Roomもある。料金は、1時間500円、5時間1,000円、1日2,000円。入店は1人ずつで、複数では利用できない。

「Social distancing CAFE TOKYO」5つのルール

(東京都豊島区東池袋1-2-9 2F)

1:前後約2Mの間隔をとった席の配置により、世界的な基準であるSocial distanceを遂行する。

2:マスク非着用の人の入店は禁止、CAFE内でもドリンクを飲む時以外はマスクを必ず着用する。

3:外気を常に入れ替え、店内換気を行う。

4:アルコール消毒は入店の際、トイレの際、必須とする。

5:1名での入店のみ、複数での入店は禁止。

営業時間:10:00~20:00