カルチャー

オンライン授業を一方通行でなく双方向で レスポンがZoomと組み合わせたサービス提供

オンライン授業を一方通行でなく双方向で レスポンがZoomと組み合わせたサービス提供 画像1
レスポン 「教育機関向け respon 」

 

 リアルタイムのアンケートサービスを手掛けるレスポン(東京都千代田区)は、同社のスマートフォン向けアンケートサービス「respon(レスポン)」と、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を組み合わせたオンライン授業向けサービスの提供を始めた。

 新型コロナウイルスの影響で、学校や学習塾など教育機関でオンラインによる遠隔授業が増えている。ただ、Web会議システムだけだと、教員が受講者の反応や意見を把握できないといったデメリットがあるとされる。このため、レスポンは教員と学生の双方向コミュニケーションを実現する「教育機関向け respon」を開発、提供を始めた。

https://respon.jp/

 具体的には、学生は専用のスマホアプリを使って教員が授業中に実施する質問やアンケートに回答。回答の集計結果や学生のコメントが、その場で教員のパソコン画面に表示されるので、授業が一方通行にならず、反応を受けて授業を進めることができる。また、教員にとって出席状況が確認できるメリットもあるという。

 学生のスマホ画面にも他の学生のコメントなどが共有されるので、★(星)を付け合うといった相互評価もでき、自宅で参加していても教室で授業を受けている雰囲気を感じることができるとしている。

 スマホアンケートサービスresponは、既に大学の大教室などで利用されている。レスポンは、Zoomと組み合わせることで、自宅でも応用できるとしてWeb会議販売会社と共同で受講人数など各教育機関に合わせたプランを提案するという。レスポンは「スマホ世代の学生は、一方的に長時間視聴するより、双方向でやりとりした方がモチベーションを保てると思う」と話している。