カルチャー

自宅で受けられる「おうち模試」! 進研ゼミ、復習ドリルと合わせて無償提供

main

 2府40県では緊急事態宣言が解除された。一方、東京を中心とした大都市圏、北海道では、依然として外出自粛の状況が続く。仕事も心配だが、何よりも不安なのは子どもの学力という家庭もあるだろう。そこで進研ゼミ(ベネッセコーポレーション)は、コロナ休校で生まれた“学力格差への不安”を少しでも解消しようと、自宅でも受験できる“おうち模試”ならぬ「全国実力診断テスト」の無償実施を決定。模試の診断結果と連動した「個別復習ドリル」も無償で提供する。

 今回の決定は、子どもたちが抱える学習面での課題発見と解消のサポートを手助けするというもの。小学1年生~中学3年生向けの「全国実力診断テスト」は、郵送もしくはWEBからのダウンロードで手に入れることができる。テストの内容は前年度までの総まとめで、小学4年生までは国語と算数の2教科。小学5・6年生は、理科と社会を合わせた4教科。中学生からはこれに英語が加わり、中学2・3年生は算数が数学となる。受付はすでに始まっていて、7月までは無償で提供する予定だ(今後変更となる可能性あり)。6月8日以降、テストの回答を専用サイトから提出(ただし、小学1年生に限り自己採点)すると、「診断結果」と診断結果に合わせて個々にカスタマイズされた「個別復習ドリル」が手元に届く。

 自宅で一生懸命勉強していても、どの程度定着しているかが分かりづらいという不安もあるはず。一度“おうち模試”を受けてみれば、全国の中での自分のレベルがはっきり分かり、苦手分野の発見にもつながるだろう。