カルチャー

子どもたちに本で笑顔を フランスの国民的絵本『プチ・二コラ』上陸

main

 『プチ・ニコラ』=ちっちゃいニコラ、という本だ。日本で言えばサザエさんのような存在で、フランスの子どもたちに長年愛されてきたこの作品が日本でも発売になった。『プチ・ニコラ』1・2巻(文:ルネ・ゴシニ 絵:ジャン・ジャック・サンペ 訳:曽根元吉・一羽昌子、世界文化社・東京)だ。

 小学生のプチ・ニコラと、愉快な学校の仲間たちが織り成すエスプリの効いたお話の数々。

 各巻約20話を収録し、1話が10分程度で読めるから、子どもの朝の10分間読書にも最適な構成だ。初回搬入分には特典として、表紙のイラストをモチーフとしたオリジナルしおりが各巻に付く。また1~5巻の帯にある応募券を切り取って同社に送ると、日本未発表話の2話と、作者の制作秘話も収録した130ページほどの特別な1冊がプレゼントされる。書店店頭で1~5巻を同時に予約した人は、書店でもらえる。価格は税別1,000円。 3巻、4巻は6月に、5巻は7月に発売予定だ。