カルチャー

建設現場もテレワーク 油圧ショベルを遠隔操作するシステムを開発

main

 “現場”がある仕事はテレワークが難しい、というのは過去のイメージになるのかもしれない。建設現場のDX・自動化を目指す、東京大学発スタートアップのARAV(東京)は、富士建(佐賀市)、ビスペル合同会社(静岡県富士市)と共同で、油圧ショベルをインターネット経由でリアルタイムに遠隔操作する実証実験に成功、システムの事業化を開始した。

 新しく開発した“建機Webコントローラー”は、建機のメーカー、機種を問わず、後付けで簡単に搭載可能。本体に通信用SIMを内蔵しているため、ネットに接続したノートパソコン、スマホであればどこからでも遠隔操作ができる。またバケット先を水平に動かすような複雑で繊細な動きもでき、建設現場のテレワークに応用可能だという。

 検証では、静岡県富士市に用意した1/14スケールモデルを用い、東京都、滋賀県、福岡県など、1000キロ離れた場所でもリアルタイムに遠隔操作できることを確認。 ARAVでは、建設現場のDX・自動化の共同実証実験パートナーも募集している。