カルチャー

熱中症&コロナ対策に ディスタンスが取れる子ども用日傘

img_214409_1

 街中に制服姿が戻ってきた。新型コロナウイルスには注意する必要があるが、子どもたちの教育も同様に大切だ。そろそろ本格的に授業を再開するところもあるだろう。今年は長引いた臨時休校の影響で、夏休みを例年よりもカットする学校が多い。暑い中での登下校となり、コロナと同様に熱中症にも気を付けなければいけない。小川(名古屋市)は、直射日光を避けつつ、通学時に距離を保つソーシャルディスタンシングを可能にする「kukka hippo 子供日傘」(税別2,500円)を発売した。

img_214409_3 img_214409_2

 子どもは大人に比べて、熱を体の外に逃がす体温調節機能が発達していないという。晴雨兼用のkukka hippo(クッカヒッポ)は日光の遮光率が99%以上。友達との距離を保ちつつ、アスファルトからの反射熱などによる熱中症も予防することが可能だ。ラインアップは、サックス・イエロー・ネイビー・ミントグリーン・パープルの5色。長傘(45cm、50cm)と折り畳み傘(50cm)がある。