おでかけ

時代はソーシャルディスタンスキャンプ! 千葉・勝浦に音楽フェスも楽しめるキャンプ場がオープン

main

 SDGs(持続可能な開発目標)は今や常識。そしてこのご時世で生まれたのがSDC、ソーシャル・ディスタンス・キャンプだ。3万3,000平米の広大なゴルフ場跡地の芝生で、野外音楽フェスを毎週実施するキャンプ場「REWILD MUSIC FES CAMP」(リワイルド ミュージック フェス キャンプ、信光オールウェイズ・東京)が、千葉県勝浦市に6月13日にオープンした。

 イベントの中止が続き、おこもり生活のストレスを感じている人は多い。そこで、広大なフリーサイトで社会的な距離を保ったテントを設営し、野外での音楽フェスが楽しめるキャンプの空間をつくった。広々とした天然の芝生と自然の風を感じる解放感。生バンドの演奏に耳を傾け、思い思いの時間を過ごせる場所だ。

 キャンプデビュー&初心者向けに、BBQ食材を持ってくるだけで気軽にキャンプが楽しめるプランもあるし、併設のナイトミュージックバーでは夜鳴きラーメンを数量限定販売。子どもでも安全に楽しめるパークゴルフや、細いベルト状のラインの上でバランスを楽しむ「スラックライン」などのアクティビティもある。利用料金は、手ぶらテント泊プランが一人6,900円~、テント泊(サイト利用のみ)プランが同4,900円~。