カルチャー

会話も呼吸もスムーズに マスクを立体的にしてくれるインナーフレーム

main

 引っ越しの力仕事を担う引っ越し業者のスタッフたちも、マスク常用で息苦しさや客との会話のしづらさに苦労をしている。アートプラス(大阪市)がアート引越センターの従業員たちに、マスクと肌の間に空間を作る立体的なインナー「マスクフレーム」を配布したところ、「引っ越し作業中の息苦しさが軽減した」「汗ばむことでマスク内が不快になることがなくなった」「お客さまとの話もスムーズに行えるようになった」などと好評を得たという。これを受けて同社は一般向けの販売をショッピングサイト「ART shopping」 で始めた。呼吸をした際にマスクが肌に張り付くことを防ぎ、マスク装着時の息苦しさやしゃべりにくさを緩和する。10個セットで税込み 1,430 円。サイズは幅100×高さ85×奥行き30mm。フレームのみの販売で、マスクは各自で用意する。送料として税込み660円が別途かかる。

sub1