カルチャー

こども六法がボードゲームに! 法律を楽しく学べる「六法すごろく」

sub1

 「お店のコンセントでゲーム機を勝手に充電すると、犯罪になる場合がある」。最近はスマホやパソコンをつなぐための客用のコンセントを設置している店も少なくないが、そうでない場合はいわゆる「電気窃盗」になりかねない。そんな法律の面白知識をクイズ形式でゲームにした「こども六法すごろく」(山崎聡一郎著)が、幻冬舎(東京)から6月25日に発売される。価格は税別2,200円。

main

 2020年上半期ベストセラー児童書部門1位(トーハン・日販調べ)に選ばれた、子ども向けの法律書『こども六法』のすごろく型ボードゲーム。法律に関するクイズやイベントゲームにチャレンジしながらゴールを目指す。子どもにも身近な法律を抜粋してあり、SNSの使い方やいじめに関する難しい法律も投入されている。

 法律は意外と大人も知らないもの。親子で楽しいおうち時間が過ごせそうだ。さて、「友達から借りたゲームソフトを20年間返さなかったら自分の物になる」?