カルチャー

”伝説のアパート” トキワ荘マンガミュージアム 当面は予約制で開館

トキワ荘マンガミュージアムが開館 〝伝説のアパート〟当面予約制で、豊島区 画像1
東京都豊島区 「トキワ荘外観」(提供:トキワ荘マンガミュージアム)

 

 東京都豊島区は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開館を延期していた「豊島区立トキワ荘マンガミュージアム」(豊島区南長崎三丁目)を7月7日、オープンした。コロナ感染拡大防止のため、当面の間は予約制にして入館者数を制限する。

 トキワ荘は1952(昭和27)年に建てられた、手塚治虫さんら昭和を代表する漫画家たちが若手時代に集い、切磋琢磨(せっさたくま)した“伝説のアパート”だ。老朽化で1982(昭和57)年に解体されたが、写真や関係者への聞き取りから、外観や間取り、描きかけの原稿や、ペンが置かれた漫画家の部屋はもちろん、木造階段のギシギシと鳴る音まで当時の姿を忠実に再現したという。1階のマンガラウンジにはトキワ荘のジオラマや警視庁五方面記者クラブ寄贈の「トキワ荘の天井板」を展示した。

 建設費など事業費は、ふるさと納税を活用し、全国の個人、法人から集めた計4億2475万円(区内1億8625万円、区外2億3850万円、6月26日時点)の寄付金を充てる。3万円以上の寄付者の氏名は、ミュージアム設置の銘板に刻んだ。

 開館の記念企画として9月30日まで特別展「漫画少年とトキワ荘~トキワ荘すべてはここからはじまった」を実施。「漫画少年」は手塚治虫さんが「ジャングル大帝」を連載し、全国の漫画家を目指す若者たちがこぞってマンガを投稿した人気雑誌だ。この投稿欄から多くの漫画家が育った。現存数が少なく貴重なその漫画少年約100冊を公開する。

また1986(昭和61)年に豊島区立郷土資料館で開催した特別展「トキワ荘のヒーローたち」の際に寄せられた漫画家たちの寄せ書きも展示する。

 開館を前に6月27日に開かれた開館記念式典には、高野之夫豊島区長やトキワ荘マンガミュージアム運営検討会議座長の漫画家里中満智子さんら関係者が出席し、今回の開館を祝った。高野区長は「国内外から多くの来館者が訪れ、末永く愛される施設、愛されるまちとなるよう、引き続き熱意を持って取り組んでいく」とあいさつした。

 入館予約は、豊島区立トキワ荘マンガミュージアムホームページから