カルチャー

水槽の魚をリアルタイム解説 最新技術を駆使した「カワスイ 川崎水族館」オープン!

sub1

 商業施設の中に開業するこの水族館では、最先端の技術を駆使した展示を楽しめる。川崎市初の水族館「カワスイ 川崎水族館」が7月17日、川崎駅前の商業施設「川崎ルフロン」9-10階にオープンする。

 「世界の美しい水辺」をテーマに、川崎市を流れる多摩川からアジア、アフリカ、南米アマゾンの熱帯雨林まで、世界のさまざまな環境に暮らす生きものを見ることができる。69個の水槽、約230種の生き物との出会いを、霧や雨、滝などがリアルに再現された空間で体感できる。

sub3

 特に面白いのは、水中カメラ映像をAIがリアルタイムで解析、水槽内の生き物の種名と解説を大型のディスプレイやタッチスクリーンに自動で表示する展示システム「LINNÉ LENS Screen(リンネレンズ スクリーン)」。館内の11台のスクリーンで8個の水槽のライブ映像を見ることができる。もちろんwithコロナ時代、タッチレスのオートモードも搭載している。

sub2

 オープン当日の17日は、午前11時から川崎ルフロン1階特設イベントスペースでオープニングセレモニーが開催される。