カルチャー

新型コロナウイルスとどう向き合うか? 放送大学が学術的立場の知見で放送

放送大学は、新型コロナウイルスによる感染が依然として広がり続けている現状を踏まえて、「学校」と「心」を軸にこれまでの経験を振り返るとともに、改めてこの新型コロナウイルス禍とどう向き合っていけばいいのか、「レジリエンス(回復力・適応力)」を軸に考える番組を制作した。

5月末に、放送大学の各コースの有志の教員が学術的立場からの知見をコンパクトに伝える「新型コロナウイルス流行の中で~放送大学教員からのメッセージ~」 全10回を放送大学YouTubeチャンネルで公開。その後の最新の状況を踏まえて、新規収録を含む45分番組として新たに制作した。

〇 新型コロナウイルス流行を越えて~放送大学教員の視点~

モデレーター:大橋 理枝(人間と文化コース)、滝浦 真人(人間と文化コース)

〇 放送日

2020年8月1日(土) 午後5時15分~

2020年8月2日(日) 午後0時00分~

2020年8月7日(金) 午前8時15分~

2020年8月15日(土) 午後10時30分~

2020年8月22日(土) 午前10時30分~

〇 視聴方法について

「新型コロナウイルス流行を越えて~放送大学教員の視点~」は、BS放送の放送大学(BS231ch)より視聴できる。また後日、放送大学YouTubeチャンネルでも公開予定。