カルチャー

会えない身内や友人たちにウエディングドレス姿を 「フォトウエディング」をライブ配信

main

 何カ月も前から準備を重ねた結婚式がコロナ禍で中止となり、ウエディングドレスを着られなくなってしまった…という女性は少なくないだろう。そんな花嫁たちが、会えない身内や、友人たちにウエディングドレス姿を披露する機会を提供しようと、結婚式準備メディア「Dresses(ドレッシーズ)」を運営する渕上ファインズ(福岡市)が、フォトウエディングの様子をライブ配信するサービスを始めた。

 ANTONIO RIVA(アントニオリーヴァ)、Mira Zwillinger(ミラ・ズウィリンガー)など、ウエディングドレスのレンタル事業を40年以上続けてきた同社が準備できる世界一流のドレスで、新郎新婦の思いや夢をかなえる。撮影中の二人の様子や会話などをライブ配信し、結婚を迎えて感謝の思いを伝えたい人たちと、幸せな時間をリアルタイムで一緒に過ごすことができる。

sub4

 同社では、「結婚式をすることが悪のように扱われる」「なぜコロナでこんな思いをしなければならないのか」「結婚式を本当に楽しみにしていたのに」など、花嫁のコロナ禍での不安な気持ちや、夢がかなえられないことへの葛藤などをSNSで多く見かけたという。企画に賛同するパートナー (カメラ、動画配信、ヘアメイク、フラワー面など)からの協力で、このフォトウエディングプレゼントが実現した。

 8月7日(金)15時から、YouTubeでDressesフォトウエディングがライブ配信される。また、DressesのInstagramでも、撮影の様子やオフショットをストーリーズで配信する。興味があればぜひチェックしてみよう!