カルチャー

生まれた直後に会えなかったじいじ・ばあばへ コロナ禍で人気、「赤ちゃん体重ベア」再販

main

 コロナ禍で生活に制限がかかる中、人気が出ているというのが、赤ちゃんが生まれた時の重さを1グラム単位で再現したクマのぬいぐるみ「赤ちゃん 体重ベア(ウエイトベア)」。今年の夏にニーズが増え、予定数を完売していた。ドリーム・ワークショップ(東京)が運営する赤ちゃん体重テディベア製造直販店は、売り切れとなっていたウエイトベアの数量限定での再販を、9月1日から始める。

 コロナ禍で、出産をめぐっても「面会制限で出産に立ち会えない」「帰省自粛で生まれた孫に会えない」などの状況が発生。生まれた直後の“重み”をリアルに感じて抱っこできるウエイトベアを、離れたおじいちゃん・おばあちゃんに贈るケースなどが増しているようだ。また、今年は結婚式も自粛ムードですぐに会えないけれど、「今までありがとう」の思いを込めて、自分が生まれた時の体重のウエイトベアを両親宅に送り届けるケースも。赤ちゃんを死産してしまったケースで、購入者から「もう抱っこできない寂しさを感じていたので、このベアが心のよりどころになりました。ベアもかわいく、箱を開けた瞬間から上の子がお世話を始めています」との声が寄せられたという。

sub3

 ベアの足裏に名前やメッセージなどの刺繍もしてくれる(別料金)。「赤ちゃん体重ベア ベーシック」(ベージュ・アイボリー)の場合、6色ある首のリボンがどれになるかはお楽しみ。ベーシックと色違いのメープル・シュガーカラーでリボンの色が選べる「赤ちゃん体重ベア スタンダード・メープル シュガー」はいずれも税込み6,980円。体重だけでなく身長も再現する「身長体重ベア トール&ウエイト」(1万5,980円)もある。税込み、送料無料。楽天市場店Yahoo!店などで販売。