カルチャー

空気入れ作業なし! 走ってタイヤに空気補充できるクロスバイク

main

 だんだん自転車が気持ち良い季節になってくる。だんだん混んできた通勤、通学の交通機関を避けるにも“チャリ”は便利。大した作業じゃないけれど、でも面倒なのはタイヤの空気入れだ。そこで、乗って走るだけで空気が補充されるという画期的なクロスバイクがクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売されている。

 イービーファクトリー(堺市)のエアハブホイールを装着したクロスバイク。ハブは自転車の車輪の中心部にあって、スポークが取り付けられている回転体のことだが、エアハブはこのハブに偏心カムとポンプを取り付けて車輪が1回転する毎におよそ0.5ccの圧縮空気をチューブに送り込む。空気圧が設定値以上になると余分な空気は開放弁から放出され、空気圧が一定に保たれるようになっている。

sub1

 空気入りタイヤの衝撃吸収の快適性はそのまま、面倒な空気入れ作業から開放され、パンクリスクを軽減できる。価格は3万9,800円〜(税・送料込)。