カルチャー

構図や植物のタッチを学ぶ 花のデザイン基礎知識

main

 猛暑が終わって一息。新しいことを始める気力が湧いてくる季節だ。在宅時間も長くなっている昨今、家の中に自然の片りんを飾りたい、という人 フラワーデザインの基礎知識が詰まった『基本セオリーがわかる花のデザイン~基礎科③~』(誠文堂新光社)を。10月7日発売で、価格は税別2,000円 

 花を扱う花職の知識や技術、地位の向上を目指す「花職向上委員会」が、花を生けたりデザインしたりするときの思いや考え、理論、技術などの基礎をまとめたシリーズの一冊。構図と植物のタッチを中心に、基礎知識の総仕上げを目的としている。  

 難しくなりがちなフラワーデザインの理論をイラストやビジュアルを用いて分かりやすく解説しおり、初心者向けのテキストとしても最適だ。