カルチャー

コンビニでビスコ買い続けたら お店であだ名付いたかな?

JTMGiE8XJvpnxcRW1Dfp

 近所のコンビニで「ビスコ」を買い続けたら、もしかして店員に「またビスコ来た・・・」なんてあだ名で呼ばれるんじゃないか。そんなとてもありふれた“不安”からスタートした小さな日常が、やがて大きな物語を生み出した。メディアプラットフォームnoteで、著者の“与謝野さん” が書いた記事が、『100日間おなじ商品を買い続けることでコンビニ店員からあだ名をつけられるか。』として、光文社(東京)から刊行される。8月11日には書籍発売を記念して、公式Twitterがスタートした。書籍は同日から100日後の11月18日に発売される。

 与謝野さんがnoteで書いた記事に加え、noteで語られなかった詳細な記録の書き下ろしも加えてある。