カルチャー

桑田佳祐さんがスーツ姿の優しいサラリーマンに 損保ジャパンCM、新曲「金目鯛の煮つけ」でコロナ禍にエール

IMG_0359

 損害保険ジャパン(損保ジャパン)は、ミュージシャンの桑田佳祐さんが出演する新テレビCM「花」篇(15秒、30秒)を、9月27日から全国で放映している。

 新CMのテーマは、「何が起きてもめげずに楽しむ心」。新型コロナウイルス感染症への対応で社会全体に漠然とした不安がくすぶる中、こんな時だからこそ、「もしも~だとしたら」「まさか~だったら」と恐れるのではなく、いつもの笑顔や身の周りの人を大切に、“今日”という日を前向きに思い切り楽しもうと呼び掛ける。

IMG_0355

 CMでは、主人公・桑田さんふんするサラリーマンが、会社帰りの駅前で移動販売の花屋を見つけ、「たまには奥さんに…」と一輪のバラを購入。奥さんのうれしそうな姿を思い浮かべ、笑顔で家を目指すが、飛び出してきた猫に驚いて転びそうになったおばあちゃんを支えた拍子に、そのバラが折れてしまう…。気を取り直し、短く切ったバラを胸ポケットに挿して、再び笑顔で歩き出す桑田さん。軽い足取りで、「ニャ~」と猫の鳴き声をまねしながら踏切をジャンプして渡り、奥さんが待つわが家へ。玄関で片ひざをつき、おどけた表情で 「ただいま!」と胸のバラを差し出す桑田さんを、奥さんが優しい笑顔で迎える。

 桑田さんは、今年2月にSOMPOホールディングスとパートナー契約を締結。CMで流れる新曲「金目鯛の煮つけ」は、SOMPOグループCMソングとして作詞・作曲を手掛けた。コロナ禍でも、何気ない日常やささやかな幸せに感謝しながら、どんな時も笑顔で生きていきたいという曲に込めたメッセージを、桑田さんらしさあふれる味わい深い演技とともに伝える。

 CM撮影時、桑田さんは、帰宅して奥さんにバラを差し出すシーンで監督から「OK」が出たにもかかわらず、演技にこだわり自ら再撮影を希望。さらなる熱演を披露し、スタジオの雰囲気を盛り上げた。踏切を渡りながらピョンと飛び跳ねるシーンにも自身のアイデアを出すなど、さまざまな場面に桑田さんのキャラクターづくりへの熱意がちりばめられている。スーツ姿の優しげな表情の桑田さんに、ときめいてしまうかも!

IMG_0347

 また、新宿駅西口広場の地下通路の94面のブライトサインでは、28日から2週間、SOMPOグループ新CM「腕まくり」篇や損保ジャパン新CM「花」篇をリリース。SOMPOグループ×桑田さんの本格的なCM展開をプロモートしている。