カルチャー

ストーブの名品「アラジン ブルーフレーム」とBEAMSコラボ第4弾

 main

  誕生から90年以上、シンプルな構造を変えずに品質と安全性を向上させているロングセラーのストーブ「アラジン ブルーフレーム」(日本エー・アイ・シー・兵庫県加西市)。このストーブがBEAMS JAPAN(東京)コラボしたモデルの第4先行予約受付を開始した。今回の限定コラボレーションモデルは、インテリアにもなじみやすい「茶色」。 

 「ブルーフレーム」は灯油式のヒーターで、その美しい青い炎は、良い燃焼状態である証拠。暖められた空気がふんわりと室内をくまなく温め、風や音、においも気にならない。BEAMS JAPANでは2017年からアラジンとコラボして限定カラーモデルを発売している。新色の発売にあわせて、2017年の第1弾コラボレーションカラー「藍色」と、2018年発売の「鼠(ねずみ)色」も数量限定で再販する。いずれもBEAMS JAPANのロゴをプリントしたオリジナル収納カバー付。税別6円。 

 東京・新宿の「ビームス ジャパン」1階では、1022日まで新色を含む3色のブルーフレームを展示する。スペシャルコラボレーションの3色がそろう貴重な機会をお見逃しなく。厳しい寒さが予想される今冬、アラジンで暖かく乗り切ろう。