カルチャー

友だちができなかったナポレオン 偉人たちの悩みを読み解く

sub4

 アルプス越えはハンニバルの二番煎じ、さっそうと荒馬を乗りこなしてサン=ベルナール峠を越える肖像画は誰もが思い浮かべる勇姿だが、実は荒馬ではなくラバだった、など、人間ナポレオンの実像はなかなか興味深い。友だちができない、という悩みもあったと聞けば、より身近で、ちょっとかわいい感じすらする。そんな偉人たちの悩みと解決方法を面白く紹介した偉人たちもみんな悩んでいた真山知幸著、エイ出版社が発売された。価格は税別1,200円。 

main

 野口英世、クレオパトラ、西郷隆盛、モーツァルト、マイヤ・プリセツカヤそれぞれの時代で偉大な功績を残した偉人たちさぞ順風満帆な人生と思いきや、当然のことながら、われわれと同じ平凡で些末な悩みも持っていた。将来落ちぶれるかもしれない(野口英世)、あらぬ疑いをかけられてい(マイヤ・プリセツカヤ)など、それぞれの苦悩にどう対処していたのか、解決できなかったことは何だったのかが解説されている。