カルチャー

抗菌加工の有田焼! Withコロナの洗面器具セット

器麗シリーズのピンクパールセット。
器麗シリーズのピンクパールセット。

 このコロナ禍で、抗菌・除菌もしくはアルコール消毒といった言葉に敏感になったという人は多いのでは? どこに出かけても施設・店舗の出入口には消毒液が。レストランによっては、各テーブルに消毒スプレーを用意しているところもある。その効果もあって、今季のインフルエンザ罹患(りかん)者数は例年と比較して、かなり少ない数で推移しているという。一方の新型コロナウイルスは、ヨーロッパで再び感染者数が増加しているから、用心に用心を重ねて悪いことはない。そこで、オシャレで感染予防にも役立つ洗面アメニティを紹介する。

 「有田焼」と聞くとお茶碗や和食皿などを思い浮かべるだろうが、金照堂(佐賀県有田町)は抗菌加工を施したトイレタリーシリーズ「器麗(きれい)」をクラウドファンディングサイト「Makuake」で発売した。有田焼のソープディスペンサーやコットン入れも珍しいが、withコロナの生活に合わせて、抗菌作用が期待できる酸化チタンを器の表面に加工している点にも注目だ。

有田焼のマスク入れ「マスクレスト」。
有田焼のマスク入れ「マスクレスト」。

 器麗シリーズは全部で6種類。「ソープディスペンサー」、「カップ」、綿棒入れなどとして使える「丸コンテナ」、「ソープトレー」、髪ゴム・コットン・ひげそり刃などを置くことができる「蓋(ふた)付きコンテナ」のほか、使用途中のマスク入れになる「マスクレスト」がある。

 器の表面にコーティングしている酸化チタンには、太陽光や蛍光灯が当たると有機物を分解する光触媒の特徴がある。器についた汚れを分解するほか、抗菌などの酸化作用が期待できる。酸化チタンは食品や化粧品にも使われている物質で、うがいをするカップなどに使用しても安全だという。

 マスクレストはピンク、ブルー、グリーン、イエローの4色展開。そのほかの5商品はピンクパールもしくはブルーパールの2色展開となる。Makuakeでの販売は12月25日(金)まで。2021年1月下旬に発送する予定。