カルチャー

任天堂ゲーム機にコウペンちゃん! 身近なSNS発「癒やしキャラ」が人気

肯定キャラクターとして人気のコウペンちゃん=©るるてあ©Neos Corporation。
肯定キャラクターとして人気のコウペンちゃん=©るるてあ©Neos Corporation。

 相方のぼけをことごとく肯定する突っ込みでブレイクした漫才コンビ「ぺこぱ」。漫才界の話題ではあるが、時代の空気とシンクロしていないとも言えない。なかなか霧が晴れない新型コロナ禍、耳に心地よい話を好むのが人情だろう。

 若者に身近なSNS(コミュニティ型会員制交流サービス)から誕生したペンギンキャラクター「コウペンちゃん」の人気が衰えないのも、“水脈”を同じくする「似た流れ」なのかもしれない。

 VAIOが 2019年 10 月に販売した人工知能(AI)搭載のコウペンちゃんロボット「おしゃべりコウペンちゃん」は、ぺこぱの松陰寺同様「ちゃんと起きてえらい!」「出勤してえらい」などと常に褒めてくれるおもちゃ。限定500個が瞬く間に完売する人気ぶりだ。

 人気は続き、コウペンちゃんは、ことし9月に発売された任天堂ゲーム機「Nintendo Switch」向けソフト「いっしょにあそぼ~♪コウペンちゃん」(パッケージ版/ダウンロード版いずれも税別5500 円)のキャラクターにも採用された。かわいらしいコウペンちゃんがゲーム画面にたくさん登場してにぎやかだ。

 コウペンちゃんは2017 年 4 月 4 日に誕生。イラストレーターのるるてあさんが、自身のツイッターで「出勤してえらい!」の言葉とともにペンギンのイラストを投稿したのが始まりだ。

 「布団の中から出てえらい!」「ごはんたべたの?えらい!!」「今日一番がんばったのはあなたです!」など、日々の小さな出来事を応援、肯定してくれるキャラクターとして人気を集めた。皇帝ペンギンならぬ“肯定ペンギン”だ。

 最近のコロナ関連でも「換気してえらい!」(約 2・4 万いいね!)「間をあけてえらーい」(約 2・5 万いいね!)「りもーとなんだよ すごい!」(約 2・2 万いいね!)など 、それぞれ「いいね!」を2 万以上獲得している。ことし8月現在のフォロワー数は約 34・7 万人。LINEスタンプでも人気だという。

 キャラクター商品の市場規模は1兆5330億円(2018年)。アンパンマンなどの売り上げ上位を占める顔ぶれは変わらないそうだが、コウペンちゃんなど、若者に身近なSNS発のキャラクター商品の売り上げがそれなりの存在感を示しつつある。

 若者に身近な“褒め上手”が、今の“時代の顔”なのかもしれない。