カルチャー

団結してコロナに立ち向かう! デジタルとリアルが融合する「よこハマグルぐる」

img_230823_1

 国が進めるGoTo関連の効果もあり、飲食店や観光地に活気が戻りつつある。しかし、「3密」を避けた座席配置や人数制限などが必要で、コロナ前の経営状態に戻るまではまだ当分かかるだろう。withコロナがすっかり定着した日々だが、そのコロナにみんなで団結して向かおうと、横浜史上最大ともいえるグルメイベント「よこハマグルぐる」が11月1日(日)からスタートした。参加する横浜市内の飲食店は100店以上。デジタルとリアルを融合し、2021年3月まで長期にわたって実施する。

img_230823_2

 「よこハマグルぐる」に込められた各店舗の思いは、“小さなお店が団結、それぞれの自助努力を結集して活路を見出す”。

 開催するイベントは3つ。1)“横浜の食がひとつになる”を合言葉に行われるデジタルスタンプラリーでは、抽選で総額400万円分のスペシャル景品が1,000人以上にプレゼントされる。2)スペシャルな体験を提供する「プレミアムレストラン」は、普段は入ることができない「三渓園」(予定)などの場所で、特別な晩餐会を体験できるという内容。11月末と来年3月に開催する計画だ。3)レシピ動画「秘伝レシピ」では、人気のレストランシェフ6人が門外不出のレシピをリレー形式で公開する。冬休み・正月休みも自宅で過ごすという人が多いかもしれないこの冬。おうち時間を少しでも楽しんでほしい、と願うシェフたちのレシピに挑戦してみては?
 各イベントの詳細は公式サイトで。