カルチャー

女性の悩みに向き合った最新生理用品のポップアップストアが丸の内に オンラインイベントも開催

main

 生理休暇制度の発足やジェンダーレスなものへパッケージを変更するなど、最近女性の月の物に関する話題を見かけることがある。月に一度訪れる、痛みや出血…一人一人が異なる悩みを抱える月経について、あなたは友人やパートナーと話したことはあるだろうか? 近しい人と話したことはおろか、「仕方のないこと」「あれこれ言うのは恥ずかしい」と自分だけで悩みを抱えてしまってはいないだろうか。

 現代女性の体や心の悩みに特化したプラットフォーム「ランドリーボックス」を運営するランドリーボックス(東京)は、「Will Conscious Marunouchi 2020 まるのうち保健室『私と向き合う時間』」において、最新生理用品などの展示を行う。期間は11月4日から30日まで。また、11月7日には生理をテーマにしたオンラインイベントも開催する。

sub2

 新丸の内ビルディング9階の「丸の内ヘルスケアラウンジ」内に出店するポップアップストアには、ナプキンが肌に合わずかぶれてしまったり、急な出血によって服が汚れてしまったりする、従来の生理用品とは一線を画す商品が並ぶ。経血を内部で受け止め、使い捨てのナプキンやタンポンと違い洗ってリユースができる月経カップ(ラバーカップ)や、ショーツ自体に経血の吸収機能があり、ずれや漏れ、ムレの心配もない吸収型サニタリーショーツなど、自身の悩みに合わせた商品を実際に触れながら選ぶことができる。

sub1

 また、丸の内の森レディースクリニック院長・宋美玄氏やランドリーボックス代表・西本美沙氏らが登壇し、オンラインイベント「生理は我慢?! 自分と生理に本音で向き合い自分らしく過ごすための最新TIPS」を開催。生理中でも自分らしく過ごすための提案をする 。Peatixで11月6日まで事前申し込みを受け付けている