カルチャー

ペンギンパレードで旅気分 オーストラリアのフィリップ島から日本語配信

main

 なかなか旅には出られないけれど、その分オンラインで見ることができるものが増えている。例えば、オーストラリアの「ペンギンパレード」のライブストリーミング(オーストラリア ビクトリア州政府観光局)は、11月の毎週土曜日、日本語解説で楽しめる。

 メルボルン市内から車でわずか90分のフィリップ島。全体の約4分の1が自然公園に指定されている人気のエリアだ。コアラやワラビー、オットセイ、野鳥などさまざまな生き物に出会える場所だが、中でも一番人気は「ペンギンパレード」。体長わずか33cm、世界最小の野生のリトルペンギンたちが、日没とともに子どもが待つ巣穴へと列をなして戻る姿はまさにパレードのよう。餌を採るため、日の出の1時間前にバス海峡の荒波へと向かい、夕闇に包まれかけたビーチへ戻るまで時には約100km泳ぐこともあるという。

sub1

 次々と戻ってくるペンギンは毎晩最大約3,000匹にもおよび、ぷっくりとしたお腹に餌を蓄え、よちよちと歩く姿は何とも愛らしい。その様子を間近で観察することのできる「ペンギンパレード」の様子は毎日無料で生配信されている。11月7日、14日、21日、28日の毎週土曜日・日本時間午後6時(現地時間午後8時)からは日本語解説付き。週末の夕刻は、ちょっと旅気分で。