カルチャー

カレンダーも「脱プラ」へ! 商品全体に抗菌用紙を使用

21Q2lCYuzDpoAYl4Cb6Y

 コロナ禍による外出自粛が続いたことなどがあり、今年は月日の経過が早いと感じる人もいるのでは? 2020年も残り約2カ月。そろそろ来年用のカレンダーを用意する時期かな? 知育・脳トレゲーム「しりとりBINGO」を販売している雄物川印刷(秋田県横手市)は、プラスチックを一切使用しない「脱プラ」で、菌の増殖を抑える効果が期待できる抗菌用紙を使用した「2021年抗菌卓上カレンダー」(税込み1,200円)を発売した。

S1w4srPeTrJQQkXim47u

 カレンダーのデザインは、「ファンシー」と「シーズン」の2種類。商品全体には、銀イオンを含む「銀抗菌用紙」が使われている。銀抗菌用紙は、このコロナ禍で名刺・カードでの使用が増加した紙で、銀イオンは大腸菌・一般細菌・ブドウ球菌などに対する殺菌効果が報告されているという(新型コロナウイルスへの効果については判明していない)。カレンダーを入れるスタンドケースも紙製で、プラスチックを一切使用しないSDGsな商品を開発した。同社オンラインショップから購入可能で、送料無料。