カルチャー

恐竜は怪獣ではない! オトナのための恐竜本

main

 大人になってから、いまさら聞けないことはたくさんある。恐竜もそのうちの一つ。地質時代の脊椎動物、くらいは知っていても、あとは映画や時折見る特集番組あたりで仕込んだネタ。本当のところはよく知らない。そこで、『いまさら恐竜入門』(西東社)を。監修はNHKの人気ラジオ番組「子ども科学電話相談」でもおなじみの恐竜学者、田中康平先生だ。

 「恐竜のおもしろさを知らないまま、うっかりオトナになってしまったあなたへ。」が本書のキャッチコピー。「恐竜は怪獣ではない」というトピックで恐竜と怪獣の違いを考察、「初期の恐竜はわりと弱い」「ブラキオサウルスの脳はテニスボールサイズ」「最大の肉食恐竜は意外にも肉派でなく魚派」「生きてりゃけがも病気もするさ」など、知れば知るほどおもしろい恐竜の真実を、マンガ付きで解説している。大人のための教養書・恐竜バージョン。仕事の合間のつまみ読みとしても楽しそうだ。価格は税別1,200円。