カルチャー

すする、うなる、しみじみ旨い そば超三ツ星店

otona2012_P022-023_電書.indd

 “秋新”といわれる新そばが食べられる季節。外食の機会はめっきり減ったから、食べに行くならピンポイントで美味しい店を選びたい。そこで「おとなの週末」12月号(講談社)は、そばの大特集、本日(11月13日)発売だ。価格は税込み770円。

 湯気立ちのぼるツユや、もり汁からそばを手繰り、ズルズルっとすする。同誌ライター陣が幾度となく感動した超三ツ星店を中心に紹介している。また、せいろの蓋を開けた瞬間、幸せの湯気を放つシウマイ、歯が当たった途端、絶対美味しい! と感じる春巻き、そしてほんわかとした気持ちにさせてくれるワンタンなど、最強の“愛され系グルメ”も掲載されている。