カルチャー

冬の花、粉雪そして氷洞 お台場の“冬景色”を楽しもう!

main

 テクノロジーで描かれる世界。アート集団チームラボが作り出す東京・お台場の《地図のないミュージアム》こと、チームラボボーダレスに、冬の景色が登場する。遠出がしづらい今年の冬、季節の花や粉雪、そして氷洞(アイスケイブ)をお台場で探索しよう。

 12月はクリスマス期間限定で、「学ぶ!未来の遊園地」内に、みんなが描いた絵でクリスマスの街ができていく「お絵かきクリスマス」が登場する。「呼応するランプの森」では12月から1月にかけて氷の洞窟の光の色彩を表現した「氷洞(アイスケイブ)」を、1月には真っ赤な炎の光の色彩を表現した「Flame」を見ることができる。また、「増殖する無量の生命 – A Whole Year per Year」には冬の花々、テンナンショウの実(12月)や寒菊(1月)、ケマンソウ(2月)が。来場者が触ると、花の方から倒れかかるように折れ曲がって朽ちていき、また新しい花々が生まれる。

 分け入ることのできる高低差のある空間で、悠久の里山の景色を描いている作品「地形の記憶」には12月から、粉雪や吹雪、寒椿やスイセン、ムクドリや梅など、冬の景色が広がる。 作品の詳細映像は、サイトを参照。