カルチャー

気軽に雪山を楽しむ「スノーガーデン」 新潟県・石打丸山スキー場に12月オープン

気軽に雪山を楽しむ「スノーガーデン」 石打丸山スキー場に12月オープン 画像1
石打丸山スキー場 「スノーガーデン」エリア

 

 石打丸山スキー場(新潟県南魚沼市)は12月26日、気軽に雪山を楽しむエリア「スノーガーデン」をオープンする。

 雪に慣れていない人々に、新たな雪の楽しみ方を提案するエリアとして新設。エリアには、かまくら型のドームテントやスノーテラスを設け、雪山の中に“快適空間”を創出。スノーガーデンにはゴンドラに乗っていく。粉砂糖で雪化粧した「雪山のパンケーキ」など飲食物を提供するカフェもエリア内に開設。テークアウトにも応じ、ドームテントの中で家族や仲間と食事しながら楽しい時間を過ごすことができる。

 ワイルドなイメージが強いスキーなどの雪山レジャーの「ハードル」を下げ、これまでスキー場に足を運ばなかった人々を呼び込む狙いがある。新型コロナウイルス感染症が拡大する中、屋外の利点を生かし、雪山の新たな楽しみ方の一つとして定着を図りたい、としている。