カルチャー

うれしいニュースになんだかほんわか 和歌山でパンダの赤ちゃん誕生

main

 家にこもることが多く、思い切り内向きになった今年。あまり良いニュースがなかったけれど、和歌山県のアドベンチャーワールドでは、ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生した。体重157gのオス、全長は20.5センチだという。

sub1

 パパは永明(えいめい、28歳)、ママは良浜(らうひん、20歳)。2年ぶりの赤ちゃんで、ママは7度目の出産だ。落ち着いた様子で鳴き声をあげる赤ちゃんをやさしく抱え、あやしており、母子ともに健康状態は良好だそうだ。新型コロナウイルスの影響で、成都ジャイアントパンダ繫育研究基地から中国人スタッフが来日できない中、今回初めて当パークの日本人スタッフのみで迎えた出産だった。