カルチャー

岩手県が公式フェイスブック「いわてのわ」を開設 情報発信で県外とのつながり強化のきっかけに

岩手県が公式フェイスブック「いわてのわ」を開設 情報発信で県外とのつながり強化のきっかけに 画像1
岩手県 公式フェイスブックページ「いわてのわ」

 

 岩手県はこのほど、公式フェイスブックページ「いわてのわ」を開設した。岩手県のさまざまな情報を発信し、岩手につながる人たちを増やそうというのが狙いだ。

 「いわてのわ」では、震災復興フォーラムや移住、就職に関する情報、地域で活動をしている魅力ある人らを紹介する。また、開催したイベントや自然風景などの動画も見ることができる。

 昨年のラグビーワールドカップ(W杯)の会場にもなった釜石市でのラグビーイベントや、10月に県内で開催した「ゆるキャラグランプリ2020」についてなどを掲載。このほか達増拓也(たっそ・たくや)知事が感染者が少ないといわれる新型コロナウイルスに関する最新情報などを提供している。

 担当の岩手県ふるさと振興部は「たくさんの『いいね!』で岩手とつながってほしい」と呼び掛けている。