カルチャー

羽田空港に「カームダウン・クールダウンスペース」 パニックを防いだり、落ち着きを取り戻せる空間

20201130 羽田空港 カームダウンクールダウン設置 イメージ

 空港や飛行機は非日常の場所・空間。発達障がい・知的障がい・精神障がいなどを持つ人が空港で気持ちを落ち着かせて過ごせるよう、日本空港ビルデングは羽田空港内に「カームダウン・クールダウンスペース」を設置する。パーテーションで他者からの視線が遮られた場所で、大声で泣き叫ぶなどパニックになってしまった場合に落ち着く場所として有効だという。国際障害者デーである 12 月3日から設置する。

 利用する航空会社にかかわらず、誰でも予約なしで利用できる。設置場所は第1・第2ターミナル2階国内線保安区域内で、「カームダウン・クールダウン」と「ヘルプマーク」のピクトグラムを掲示している。

img43 img44

 また、同社は、障がいを持つ人や高齢者が電車やバス等で羽田空港に到着してから空港内を移動する際、介助士の資格を持つエアポートコンシェルジュが手伝う「介助サービス」も無料で提供。ホームページと電話で予約を受け付けている。

 羽田空港ではこのほかにも、話し言葉でのコミュニケーションが苦手な利用者が、分かりやすいイラストやチャートを使って意思表示ができるよう、空港案内に特化したコミュニケーションボードを作成(2019年4月)したり、介助サービスの申し込み先となる羽田空港ターミナルインフォメーションの連絡先を記載したカードを、日・英・中(簡体字・繁体字)・韓の4カ国語・ユニバーサルデザインフォント(UD フォント)・点字で作成し、案内カウンターで配布(2019年12月から)するなど、バリアフリー環境向上に向けた取り組みを進めている。

 介助サービスの申し込み・ターミナル施設に関する問い合わせは、羽田空港ターミナルインフォメーション、03-5757-8111(受付時間5:00~25:00)へ。