カルチャー

就農情報ポータルサイト「農業をはじめる.JP」 農水省と全国農業会議所が運営

就農情報ポータルサイト「農業をはじめる.JP」スタート 農水省、全国農業会議所が運営、一元的に閲覧可能 画像1
農林水産省×全国農業会議所 「農業をはじめる.JP」

 

 農林水産省と一般社団法人全国農業会議所(東京都千代田区)は、就農を検討している人が、さまざまな情報を一元的に閲覧できるポータルサイト「農業をはじめる.JP」をスタートした。

 サイトは職業としての農業に興味を持つ人向けに、具体的な行動を起こすために必要な情報を集めた。農水省や全国農業会議所が運営する新規就農相談センターの情報に加え、関係省庁、自治体、全国農業協同組合連合会(JA全農)などJAグループ、民間の取り組みなども順次追加する。

 サイトは「就農を知る」「体験する」「相談する」「研修/学ぶ」「求人情報」「支援情報」のジャンルに分類。「就農を知る」では、「農業ってどんな仕事?」で育てる喜びについて紹介。「農業を仕事にする3つの方法」では「新たに経営を始める、雇用されて農業で働く、親や親戚の農業を継ぐ」といった表現で初心者に分かりやすい説明をしている。

 また「地域の新規就農サポート宣言」を掲載。主な農産物やサポート体制といった、全国の自治体や団体などから寄せられた就農希望者向けの情報を公開している。例えば北海道美瑛町の「宣言」は、「丘のまちで農業を始めませんか!」をキャッチコピーに、水稲、小麦、トマト、アスパラなどの農産物を挙げ「研修期間中の手当てや就農時の助成金など独自の支援策が充実だ」とアピールしている。サイト内では新たに自治体などが「サポート宣言」を登録することもできる。