カルチャー

安産祈願に行けない妊婦さんのために 戌の日に「安産祈願ライブ」

main

 妊婦さんにとって、「安産祈願」は妊娠中の大切なイベントのひとつ。本来なら、 神社やお寺に直接足を運んで安産祈願をしてもらうのが一番。でも新型コロナウイルスが猛威を振るい、それが難しい状況だ。エバーセンス(東京)は1月14日の戌の日に合わせ、 妊娠~育児期のママ・パパに寄り添うサービスを多数展開している「ninaru(ニナル)」シリーズの公式InstagramTwitterで、自宅にいながら参加できる「安産祈願ライブ」 を配信する。居木神社(東京都品川区)の協力で、同日の正午から約20分間を予定。神職が妊婦さんのために祈祷をしてくれる。外出もままならず出産への不安も少なくない中、妊婦さんや家族で一緒に見て、赤ちゃんや母体の健康を願い、赤ちゃんと出会える日を楽しみにする気持ちを深める一助にしてみては。

居木神社(東京都品川区大崎)
居木神社(東京都品川区大崎)

「ninaru」は、妊娠から出産まで、 妊婦さんへの情報提供をする無料アプリ。妊娠週数に合わせ、つわり・体重管理・食事・陣痛・出産・病気・名付けなど、妊娠中の色々な悩みや疑問に答える記事を毎日配信する。また、「妊娠週数・妊娠日数・出産予定日までのカウンター」、毎日更新されお腹の中にいる赤ちゃんがどのくらい成長しているのかが分かる「お腹の中にいる赤ちゃんのイラスト」、お腹の中の赤ちゃんの成長具合や妊婦さんの体に起こっていること、 生活上の注意点など産婦人科医監修のメッセージが毎日届く「赤ちゃんとママへのメッセージ」、妊娠・出産に必要なものが分かる「出産準備品リスト」、タップするだけで計測できる「陣痛・胎動カウンター」など、マタニティライフにあるとうれしい機能がいっぱい。サポートする立場のパパ専用の無料アプリ「パパninaru」や、祖父母専用の無料アプリ「祖父母ninaru」も提供している。