カルチャー

新型コロナ問題に一石を投じたい 現役男子高校生が討論会企画

「What's コロナ?」ぼくらのファースト討論会

 新型コロナウイルス問題をテーマに“現役高校生のみ”で討論しあう「What’s コロナ?」ぼくらのファースト討論会が、2月20日(土)12時~15時に福岡市のアクロス福岡で開催される。現役高校3年生が立ち上げたウィルアールの企画・主催。

 コロナ問題に対して「高校生がやれることは何なのか?」「高校生なりに世の中に訴える方法はないのか?」などの思いを持つ高校生参加者を全国から参加者を募集。「コロナ肯定派」3チーム、「コロナ否定派」3チームの合計6チーム(18人)を選抜し、討論を行う。

 福岡市在住の高校3年生である企画運営代表者は「いろんなことを犠牲にした今のコロナ対策は本当に正解なのでしょうか?」と問題提起。「新型コロナウイルスにより、中高生の大会中止、休校、学内イベント中止など、さまざまな影響を受けました。また社会では、経営困難による会社の倒産、社員の解雇、新卒採用の大幅削減、それらによる失業者の増加など。新型コロナウイルスは、大変大きな混乱を起こしました」としている。新型コロナウイルスに関するさまざまな情報が出てくる中で、意見の分断も生まれてきた。「コロナは本当に怖いウイルスなのか?」「現在の感染症対策は本当に正解なのか?」「ワクチンは接種するべき?しないべき?」などについて高校生が討論することで、今の日本や大人たちに問題を投げかけることを目指している。

アクロス福岡 円形ホール

 募集対象は全国の現役高校生(15歳~18歳)。3人一組のチームを作り、前提として「コロナ肯定派」「コロナ否定派」のどちらかを選んで応募する。応募締切は2月7日(日)。当選チームには2月8日以降個別連絡、それ以外のチームには「優先観覧チケット(無料)」を案内する。定員に達した場合は抽選。一般向けの観覧チケットはないが、討論会のTwitter・Instagramをフォローすると、当日の様子のLIVE配信情報を受け取れる。

アクロス福岡

 討論テーマの候補(予定)は以下の通り。

・そもそも恐れるウイルスなのか?(肯定 or 否定)

・マスク着用による予防対策(肯定 or 否定)

・甲子園等の大会や学校行事の中止(肯定 or 否定)

・成人式の自粛について(肯定 or 否定)

・若者が感染を広めている(肯定 or 否定)

・小中高大学のオンライン授業(肯定 or 否定)

・緊急事態宣言の発令(肯定 or 否定)

・PCR検査でのコロナ判定(肯定 or 否定)

・コロナワクチンの接種(肯定 or 否定)

※内容は一部変更になる可能性あり。