カルチャー

バレンタイン・サマナー! イスラエルをもっと知ることができるマーケットプレイスが誕生

main

 政治ニュースやユヴァル・ノア・ハラリの著書『サピエンス全史』などはよく知っていても、日常生活となるとあまり身近とはいえないイスラエル。どんな食べ物があって、どんな言葉を話し、人々はどんな生活をしているのかを知る入口としてふさわしい、日本初のイスラエル専門ウェブマガジン「ISRAERU」に、イスラエルアイテムが購入できるマーケットプレイスがオープンした。

 ファッションから美容グッズ、家具や食べ物までイスラエル発祥のブランドを厳選。イスラエルに豊富な知見を持つ編集者がセレクトしたとっておきの商品を約20ブランド、100種類以上取り揃えている。これまで英語やヘブライ語でしか情報がなく、不安で購入できなかったアイテムも、日本語で分かりやすく紹介。イスラエルの魅力満載だ。

 イスラエルには夏に「トゥ・ベアブ」と呼ばれる愛の祝日があるが、昨今バレンタインを祝う人も増えているといい、今年はイスラエル産ブティックチョコレートで“バレンタイン・サマナー”(ハッピー・バレンタイン!)というのも楽しそうだ。