カルチャー

江戸時代から愛されてきた招き猫 “元祖”5種のミニチュアフィギュアが登場

招き猫ミュージアム公式 招き猫 ミニチュアコレクション

 江戸時代末期に江戸の町で生まれた日本独特の縁起物「招き猫」。店先にちょこんと座って手招きしているかわいい姿は、時代を経ても多くの人を魅了している。現在そのラインアップはさまざまに多様化しているという。

 ケンエレファント(東京)は、5種類の招き猫をミニチュアフィギュア化した「招き猫ミュージアム公式 招き猫ミニチュアコレクション」を、2月下旬から全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、雑貨店、オンラインショップなどで販売する。同社直営店のケンエレスタンド秋葉原店・新橋店・上野ランドでは、2月11日から先行販売する。カプセルトイは1個税込み400円、ブラインドボックスは1個同440円。

招き猫ミニチュアコレクション

 日本最大の招き猫専門博物館「招き猫ミュージアム」(愛知県瀬戸市)監修の下、招き猫のルーツともいえる5種をピックアップした「招き猫ミニチュアコレクション」。土人形、陶磁器製など原形の素材感を、こだわりの塗装で再現した。招き猫ミュージアム書き下ろしの、招き猫に関する楽しい豆知識・トリビアが満載の解説書も付いている。全5種のアイテムは、「三河系土人形の招き猫」(高さ4×横2.5センチ)、「九谷焼招き猫」(4.7×2.8センチ)、「古瀬戸型招き猫」(4.6×2.2センチ)、「今戸焼丸〆猫」(3.9×2.5センチ)、「常滑型招き猫」(4.1×2.9センチ)。さらに、レアカラーアイテムとして、「常滑型招き猫」の金色版(4.1×2.9センチ)が登場する。