カルチャー

「第31回技能グランプリ」無観客で開催 2月19~22日、愛知県からライブ配信

「第31回技能グランプリ」2月19~22日に開催 無観客のため競技の様子をライブ配信 画像1
厚生労働省 「第31回技能グランプリ」

 

 年齢を問わず優れた技能を競い合う技能競技大会「第31回技能グランプリ」(厚生労働省など主催)が、2月19日(金)~22日(月)に愛知県などで開催される。無観客開催のため、大会の様子をウェブサイトでライブ配信する。

 愛知県国際展示場(常滑市)を主会場に東京、大阪、静岡の計4カ所で実施し、全国の一級技能士ら344人が参加する予定。ライブ配信は、専用サイトで19日に開会式、20、21日に競技、22日に閉会式の様子を伝える。

 競技は、繊維(染色補正、婦人服製作など)、建設(石工、造園など)、一般製造(旋盤、家具など)、一般(日本料理、レストランサービスなど)の4部門28職種で行われ、それぞれの技能レベル日本一を競う。大会成績は2月22日午後2時に厚労省のホームページで発表する。

 「技能グランプリ」は、厚労省と中央職業能力開発協会(東京都新宿区)、一般社団法人全国技能士会連合会(同)が、日本のものづくり産業を支える技能士の技術向上などのため、1981年度から実施している。