カルチャー

直筆サイン本やレコードも 村上春樹氏の特別オークション開催

マレットジャパンオークション

 ハルキストは見逃せない。直筆サイン本や、デビュー前に経営していた「ピーターキャット」で実際に使用されていたレコードなど、作家村上春樹氏に関わるさまざまな作品のオークションが3月20日、東京のマレットジャパンオークションハウス(マレットオークション・東京)で開催される。

カタログ詳細

 投稿誌や関係雑誌、装丁を手掛けたアーティストのイラストや版画、とても珍しい翻訳とエッセイの直筆原稿22ロットなど、全98ロットが出品される。署名本は、初期3部作から「風の歌を聴け」と「1973年のピンボール」、識語と署名入りの「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」、人気のエッセイ「村上ラヂオ」、「中国行きのスロウ・ボート」など約50冊。直筆原稿は村上氏が初めて日本に紹介した「レイモンド・カーヴァー」氏の翻訳草稿2種、「ポール・セロー」氏の翻訳草稿2種、エッセイ「映画をめぐる冒険」の草稿13種、80年代の雑誌「月刊DOLIVE」のエッセイ草稿2種。ほかにもコラムやエッセイ、作家の特集記事が掲載された当時の雑誌の数々、装丁を手掛けた安西水丸氏の原画や、大橋歩さんの版画などが出品される。

 オークションは登録すれば誰でも参加できる。新規会員スポット参加費はカタログ込みで 1,280円(税・送料込み)。会員登録はマレットジャパンHPから