カルチャー

長生きだった29歳 ホッキョクグマにお別れ

d40302-274-401033-0

 和歌山県のアドベンチャーワールド(白浜町)で暮らしていたメスのホッキョクグマが2月28日、29歳というホッキョクグマとしては長い一生を終えた。2月18日から腎不全の治療のため公開を一時休止していた。

 1991年、イギリスのエジンバラ動物園で誕生し、93年、2歳の時にアドベンチャーワールドへやってきた。8歳で初めての出産以降、合計6回、10頭を出産し2頭の子どもが育っている。ホッキョクグマの飼育下での平均寿命は20歳前後だといい、なかなかの長生き。28年間、たくさんの人たちに愛されてきた。