カルチャー

東京で見る沖縄の空 音楽とともにゆったり時間

プラネタリウムで、心安らぐ「星の島」への旅。

 「星の島」と呼ばれる沖縄・八重山諸島。その美しい星空と絶景を、音楽とともにゆったりと楽しむプラネタリウム作品「美ら島で、星にねがう with HY」が、4月23日から、東京・有楽町のコニカミノルタプラネタリア TOKYOと、東京スカイツリータウンのコニカミノルタプラネタリウム“天空” で上映 される(コニカミノルタプラネタリウム・東京)。

天の川と南十字星に癒される、あたたかな島時間。 天の川と南十字星に癒される、あたたかな島時間。

 星空保護区として世界にも認定された沖縄のこの地域では、憧れの「南十字星」を見ることができる。星にまつわる民謡や八重山の伝統文化、個性豊かな島々の風景。ハートの形をしている黒島や、日本最大のサンゴ礁である石西礁湖などの絶景の数々、ゆっくりと流れる「島時間」を、クリス智子さんのナレーションで探訪できる。

音楽は、沖縄出身のミュージシャン・HYの名曲たち。簡単に会えない日々に負けないように、という思いが込められた新曲「ココロホシゾラ」などを聴きながらの星空散歩だ。沖縄に行ける日を夢見つつ、夜空の予習を楽しもう。