カルチャー

ぽち袋もサステイナブルに 販売終了後のカレンダーをアップサイクル

【リプラグ】『グラシンペーパーぽち袋 里山』長方形
【リプラグ】『グラシンペーパーぽち袋 里山』長方形

 アパレル業界に限らず、シーズンや時期が終わると廃棄に回される商品は多い。日にちが記載された手帳やカレンダー類もその一つだろう。しかし、丸々捨ててしまうのはやはりもったいない。文具雑貨ブランド「リプラグ」(テイ・デイ・エス・東京)は、販売終了したカレンダーをアップサイクルしたぽち袋「グラシンペーパーぽち袋」を発売した。

【リプラグ】『グラシンペーパーぽち袋 里山』五角形
【リプラグ】『グラシンペーパーぽち袋 里山』五角形

 グラシンペーパーとは、紙風船や本のカバーなどに使用される半透明な紙のこと。絵柄のテーマは「里山」で、日本の四季を感じることができる和なデザインになっている。サイズは、オーソドックスな長方形と五角形の2種類。どの絵柄が入っているかは買ってからのお楽しみ。お年玉・お小遣いのほか、キャンディーを入れたりすることもできる。長方形は6枚入りで税別480円。五角形は5枚入りで同460円。

【リプラグ】紙風船などにも使用させる半透明の紙、グラシンペーパー
【リプラグ】紙風船などにも使用させる半透明の紙、グラシンペーパー