カルチャー

そば打ちの神様を前に 名店「翁達磨(おきなだるま)」を東京で

main

 そば好きがよく知る「そば打ちの神様」、高橋邦弘氏。大分県の会員制そば店「達磨」では、完全予約制でその絶品を味わうことができるが、これを東京で楽しめる機会がやってくる。ホテルニューオータニ(ニュー・オータニ・東京)で、高橋氏と弟子達によるコラボレーションフェア『翁達磨 東京そばの会』が3月26~28日の3日間限定で開催される。

 原材料、製粉、水に徹底してこだわり、そばの一本一本に豊かな風味と香りを宿すこのそば。現在は新規の会員募集を行っていないため、まさに「幻のそば」になっている。そこで、師弟共演による究極のそば体験が企画された。

 そばつゆはかつお節、昆布、シイタケで仕上げた出汁と長野県松本市のしょうゆで作ったかえしを合わせたもの。そばをゆでる水は、中央アルプスのふもとにある信州駒ヶ根の名水だ。神様のそば打ちを間近で見学、達人たちの究極のそばを味わう至福の時間が待っている。