カルチャー

ドイツのアウトドアブランド「TATONKA」の販売開始 レザーマンツールジャパ ン、キャンプ用品やバックパックなど

ドイツのアウトドアブランド「TATONKA」の販売開始 レザーマンツールジャパン、キャンプ用品やバックパックなど 画像1
レザーマンツールジャパン 独アウトドアブランド「TATONKA」

 ナイフなどマルチツールの輸入・販売を手掛けるレザーマンツールジャパン(岐阜県関市)は、ドイツのアウトドアブランド「TATONKA(タトンカ)」の国内総代理店となり、商品の取り扱いを始めた。4月中旬には2021年モデルの商品販売を予定しているという。

 TATONKAは1993年にドイツのダーシングで創業。バッグやテント、バックパック(大型リュックサック)といった登山やキャンプなどのアウトドア用品を製造している。ドイツ本社でデザインし、ベトナムの自社工場で製造。機能性と耐久性に優れているのが特徴だという。TATONKAとは、ネイティブアメリカン・スー族の言葉で野生の大型ウシ「バイソン」を意味し、大自然や荒野、強さなどを象徴する動物とされているという。

 また、TATONKAは「サステナビリティー(持続可能性)」を重視し、リサイクル可能な生分解性原料の素材や、リサイクル材料を使用する製品の割合を増やす取り組みを行っているとしている。

 レザーマンツールジャパンは、米ナイフメーカー「レザーマンツール」が開発したナイフやのこぎり、ペンチなどさまざまな機能を持つアウトドア用マルチツールの正規輸入代理店として1986年に設立。マルチツール「レザーマン」を中心に、さまざまなアウトドア製品を扱っている。