カルチャー

はらぺこあおむし45周年 初版本の印刷は日本だった!

45周年ロゴ決定

 すでに二世代目、子供の時に読んだこの絵本を、今子供に読み聞かせているという人は多い。アメリカの絵本作家、エリック・カールさんの『はらぺこあおむし』(偕成社・東京)は、今年で日本語版刊行45周年を迎えた。この絵本、原書の初版も日本で印刷されたのだそうだ。

 卵から生まれた小さなあおむしが、月曜日にりんごをひとつ、火曜日になしをふたつ、水曜日すももをみっつ……とおいしい食べものをどんどん食べて大きくなり、最後は美しいちょうになるという希望に満ちたお話。カラフルなページに穴の開いた仕掛けがあり、子どもたちが触れながら読める親しみやすさも人気だ。

 アメリカでこの絵本の初版本 “The Very Hungry Caterpillar” が刊行されたのは1969年。だが、この初版本の奥付には、 Printed in Japanとある。この楽しい仕掛けがあるユニークな形の本の印刷や製本ができる会社がアメリカになく、初版本は日本の会社が請け負ったのだという。日本で発売されたのは7年後の1976年。日本と深い関係のあるこの絵本は、翻訳絵本ナンバー1のロングセラーになっている。エリック・カールさんは、90歳を超えた今も米フロリダ州で創作活動を続けている。

 45周年を記念して、自分の絵と名前が印刷されたカバーつきの『はらぺこあおむし』の絵本をプレゼントするキャンペーンが開催されている。専用の『はらぺこあおむし』シートに描いたぬりえ(もしくは『はらぺこあおむし』の絵)を撮影し、「#はらぺこあおむし45周年」をつけて、SNS(TwitterかInstagram)に投稿すると、期間中毎月3人にのオリジナルカバーつき『はらぺこあおむし』の絵本(通常版)がプレゼントされる。

世界に1つだけ!あなたの絵がカバーになった 『はらぺこあおむし』を毎月3名様にプレゼント!

●応募期間

第1回:~2021年4月30日(金)

第2回:2021年5月1日(土)~5月31日(月)

第3回:2021年6月1日(火)~6月30日(水)